Author Archive

増毛のメリットとデメリット

ご自身の力で増毛をするのではなく、人工的に増毛をする場合のメリットとデメリットについて説明します。人工的に増毛をしますと、短期間の間に、自然に髪の毛のボリュームを増やすことができます。薄毛の人は、髪の毛にコンプレックスがありますので、常に人目を気にしていると思いますが、自然に髪の毛が増えるような状態にすることができますので、かつらのように一気に髪の毛が増えて、他人が違和感を覚えるようなことはありません。また、かつらは装着をすることになるので、かつらと頭皮の間に、汗などの不純物が生じてしまい、清潔な頭皮環境を作ることはとても難しいのですが、増毛であれば、通気性もよく、頭皮を傷めるようなこともありません。また、増毛をしますと、手入れが大変ではないかと思ってしまいがちですが、増毛をしましても、これまでと変わらない生活を送ることができます。しかし、増毛をするデメリットもあります。増毛をしましたら、しっかりとメンテナンスもしなくてはなりません。また、頭皮の環境を常に清潔な状態にしていませんと、せっかく増毛をしましても、髪の毛が抜け落ちてしまうようなことも考えられます。増毛を人工的な方法で対処する場合には、ご自身の髪の毛に人工的な髪の毛を結ぶという行為になりますので、そもそもご自身の髪の毛が抜けるということは、増毛部分も全て抜け落ちてしまうという状態になってしまうのです。増毛をしましたら、以前よりも髪の毛の状態を常に理解することや、メンテナンスの必要があり、金銭的な負担もありますが、薄毛に悩んでいるならば増毛をした方がよろしいです。

増毛をしなければならない人の悩み

増毛をしようと思っている人は、当然のことながら、薄毛に悩んでいるからだと思います。若いころは髪の毛がフサフサで、全く薄毛のことなどを考えたこともないと思う人が多いと思いますが、日々の生活習慣などにより、健康的に髪の毛が生えなくなってしまう人も多いのです。薄毛になりますと、年齢よりも老けて見られるような状態になってしまい、人の目が気になってしまいます。薄毛の人は、常に卑屈になってしまう可能性もあるのです。薄毛には、円形脱毛症と呼ばれるような症状が顕著な例ですが、ストレスなどを抱えますと、薄毛になってしまうこともあります。ですから、薄毛に悩んでいる人は、薄毛であることに、ストレスを感じてしまい、より薄毛が進行する場合もあるのです。薄毛など全く気にならないと思えるような強者は、薄毛の原因が病気によるものでなければ、増毛をする必要はありません。ほとんどの人は、常に髪の毛がフサフサで、いつまでも若い状態でいられることを期待するはずです。髪の毛は、ご自身にとっては、毎日見るものですので、薄毛になっても気づかないことが多いと思われます。しかし、時々会うような人にとっては、他人の髪の毛の変調はつかみやすいです。友人や親せきなどから、髪の毛が薄くなったと指摘されるまでは、薄毛に気づかない人がほとんどだと思います。ですから、親せきに薄毛の人が多いような人は、遺伝的に薄毛になる可能性が高いので、洗髪をする際の抜け毛の量や、髪の毛をセットする際に、いつも通りに髪の毛がまとまらないなどの症状がありましたら、すぐに増毛の対策をした方がよろしいです。

増毛のメカニズムについて

増毛を図るためには、前項でも説明しました通り、ご自身の身体の力で髪の毛を増やす方法と、人工的に髪の毛を増やす方法があります。増毛をする人の多くが、薄毛に悩んでいる人が多いです。薄毛になりますと、他人からの印象が悪くなってしまうと思います。ですから、何とか薄毛を克服したいと考えるのです。増毛のメカニズムを簡単に説明しますと、まずは、髪の毛を生やす細胞として、頭皮の内部にある毛母細胞や毛乳頭と呼ばれる部分に、しっかりと栄養を与えることが必要になります。毛母細胞が活性化すれば、太くて長い髪の毛が常に生えることになるのです。そのためには、毛母細胞に栄養を送る血管がしっかりしていなければなりません。血液がサラサラな状態であればよいのですが、肉類などの脂質をたくさん摂取しているような人や、喫煙や、過度のアルコールを摂取しているような場合には、血管が詰まってしまうような状態になっていまいます。髪の毛には、ヘアサイクルといい、成長期や後退期があります。後退期になりますと、髪の毛は抜け落ちてしまいますが、その分、新しい髪の毛が生えてくるのです。増毛をする場合には、このヘアサイクルをしっかり理解しなければなりません。髪の毛の成長期にしっかり髪の毛が生えるように、対応することが必要なのです。そして、なんとなく髪の毛が薄くなったと思った際には、なるべく早く対処することが必要です。薄毛が進行しすぎてしまいますと、ご自身の力で増毛をすることができなくなり、人工的な方法で増毛をする方法しか選択できなくなるのです。

増毛とはそもそも何か

髪の毛の薄毛を治すための方法の一つが、増毛という手段になります。増毛は、文字通り、毛を増やす方法です。薄毛の状態を改善するためには、ご自身の力により、増毛を図る方法と、人工的に髪の毛を増やすような方法に大別されます。ご自身の力で、増毛を治す方法としては、生活習慣を改めることや、新陳代謝を高めるための運動をすること、医師などで増毛の薬を処方してもらい、身体の内部から増毛を促すような方法、そして、ご自身の生きた髪の毛を薄毛の部分に移植する方法などがあります。人工的に髪の毛を増やす方法として、代表的なモノは、かつらやウィッグを装着する方法や、人工の髪の毛を頭皮に移植するような方法などがあります。病的な薄毛のような場合を除き、薄毛は特に病気という位置づけではないので、すぐに治療しなくてはならないという位置づけではありません。増毛をする目的は、例えば異性の人や、知り合いの人からの見栄えを良くするためだと理解してもよろしいでしょう。極端な話ですが、世の中に、自分ひとりだけしか存在していなければ、いくら薄毛になりましても、増毛を使用とは思わないと思います。また、毛は、身体の重要な部分を守る働きがあると言われています。確かに、髪の毛は、頭=脳を守るためのものだと理解すれば、必要なモノなのかもしれません。紫外線から頭皮を守ることもできますし、頭に何らかの衝撃を受けた場合には、髪の毛が緩衝材としての役割を果たしてくれることになります。