増毛のメカニズムについて

増毛を図るためには、前項でも説明しました通り、ご自身の身体の力で髪の毛を増やす方法と、人工的に髪の毛を増やす方法があります。増毛をする人の多くが、薄毛に悩んでいる人が多いです。薄毛になりますと、他人からの印象が悪くなってしまうと思います。ですから、何とか薄毛を克服したいと考えるのです。増毛のメカニズムを簡単に説明しますと、まずは、髪の毛を生やす細胞として、頭皮の内部にある毛母細胞や毛乳頭と呼ばれる部分に、しっかりと栄養を与えることが必要になります。毛母細胞が活性化すれば、太くて長い髪の毛が常に生えることになるのです。そのためには、毛母細胞に栄養を送る血管がしっかりしていなければなりません。血液がサラサラな状態であればよいのですが、肉類などの脂質をたくさん摂取しているような人や、喫煙や、過度のアルコールを摂取しているような場合には、血管が詰まってしまうような状態になっていまいます。髪の毛には、ヘアサイクルといい、成長期や後退期があります。後退期になりますと、髪の毛は抜け落ちてしまいますが、その分、新しい髪の毛が生えてくるのです。増毛をする場合には、このヘアサイクルをしっかり理解しなければなりません。髪の毛の成長期にしっかり髪の毛が生えるように、対応することが必要なのです。そして、なんとなく髪の毛が薄くなったと思った際には、なるべく早く対処することが必要です。薄毛が進行しすぎてしまいますと、ご自身の力で増毛をすることができなくなり、人工的な方法で増毛をする方法しか選択できなくなるのです。

Comments are closed.